2011年7月25日 (月)

不如帰@幡ヶ谷

Cameraroll1311590759_732261Cameraroll1311590762_856701

幡ヶ谷「不如帰」のラーメンとつけ麺。(どっちもチャーシュートッピングw)

ここの店の特徴はなんといってもハマグリ出汁。
このスープがびっくりするくらい美味しい。
毎回飲み干す勢いw

貝の出汁といっても磯の風味が強すぎることはなく、旨みと風味が絶妙に抽出されてます。
この特徴的なスープをもってして、バランスの良い一杯に仕上がってます。

つけ麺もハマグリ出汁ベース。
ラーメンよりもずっと濃いハマグリ味。
こちらもレベルが高いけど、不如帰はラーメンがオススメかな。

個性的なラーメンというジャンルに分類しなくても、トップクラスに美味しい店です。

有名店なので混みますが、開店してしばらくは空いてます。
近隣の方はぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

北極ラーメン

会社の人たち7人でゾロゾロと蒙古タンメン中本へ行ってきました。

200810242017000辛いもの好きな人は、この「北極ラーメン」を迷うことなくチョイス。

なんだこの色は!

200810242018000俺は中間の辛さの蒙古タンメンに抑えておきました。

だって次の日フットサルだしさ…。
チキン野郎ですよ、、えぇ・・。
ちなみに麺特大です。

北極ラーメンのスープを飲ませてもらったら、一口飲んでむせた。
表層の赤くて辛い血の池地獄みたいなところが、特にヤバい様子。

でも絶対食べられないほどの辛さって感じじゃなかったから、今度チャレンジしてみようかな。
蒙古タンメン中本の真髄は北極ラーメンにある…んだと思う。多分。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

つけ麺屋やすべえ 新宿店

200809222219000月曜日、行列のつけ麺屋、やすべえの新宿店に行ってきました。
22時も過ぎてるというのに、7〜8人の行列。
こんな時間に食べたら太るよ。

並ぶかどうしようか悩んだ挙げ句、並んだ訳だが予想外に回転が早く、10分くらいで店内へ。そして席に着くなり30秒ほどで注文のメニューが運ばれてきた。
なるほど回転が速い訳だ。
この店の面白いところが、普通220g・中盛り330g。大盛り440gのどれを選んでも同じ値段ってとこ。
もちろん迷わず大盛りを選択ですよ。22時過ぎなのに。
普段二郎食ってる俺からしたら大した量じゃなかった。

さて、期待のお味はというと・・・、う〜ん美味しいけど感動するような味ではなかったな。
魚介ベースのスープは甘めな味付けで、酸味も比較的強め。
甘酸っぱいのはあまり好きな系統の味じゃないんだけど、万人ウケするような絶妙なバランスもあってか、普通に美味しく頂けました。極端に尖った味じゃないのが、リピーターを生む秘訣なのかも?

麺のほうは間違いなく美味しい。
もっちりふわっとしていて、東池袋大勝軒系に近い食感。
まさにつけ麺の為にある麺といった感じ。

さっき感動するほどは美味しくないと書いたけど、ここまで記事を書いているうちにまた食べたくなってきた…。
こういう感覚を持たせることこそ人気店の証なんだろうなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

今年も良い二郎でありますように

そんな訳で二郎始めです。
相変わらず美味しい。身に沁みます。

そんな我が二郎がテレビで取り上げられてました。
<コレ>
見慣れた店主が出ています。
なんか語ってるしw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

アイバンラーメン@千歳烏山

200707051907000千歳烏山の旧甲州街道沿いに、”アイバンラーメン”というラーメン屋さんがあります。
その店名になっている”アイバン”というのは店主の名で、なんとアメリカ人。

映画「タンポポ」を見て以来ラーメンに心酔し来日。ついに店を構えたそうで。


ちょっと前にこの店を会社の先輩から教えてもらったんだけど、それ以来二回目の訪問です。

何が目当てって豚飯。
ごめんなさいラーメンじゃなくて。

写真の豚ローストガリックネギ飯が絶品。
ツナのようなチャーシュー(表現が悪いけど)と大量のネギのバランスがなんとも・・。
自分で作れないかなぁコレ。
うまい!・・・ただサッカー前にラーメン+豚飯はツライ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

麺屋武蔵@新宿

200707042031000行列を嫌って今まで避けていた麺屋武蔵。
今日は雨だから空いてるかなぁと期待しつつ行ってみると…ビンゴ!行列ナシ!
…と思いきや店内に行列。でも10分くらいで席に着けた。


色々情報は聞いていたから、味の想像はしていたしその通りの方向性ではあったが、めちゃくちゃ美味しくてビビった。
魚介と動物系のダブルスープって最近主流になってきて、結構ありきたりなんだけど、ここのは完成度が段違い。
仕事に手抜きがないのが伝わってくる。

こりゃ行列ができるのも頷けるなぁ。
あっさり系のラーメンが好きな人は行ったほうがいいですよ。
平日の夜は比較的空いている模様。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

てつや@高円寺

200705212005000環七と青梅街道の交差点のところにあるラーメン屋さん。
「らあめん花○ 嵐」やら「豚そば△次郎」があった跡地にできた店だったので、大した店じゃないと思い込みスルーしてきたのだが、なにやら北海道で有名なお店らしく。
会社の同僚が美味しいと言っていたので、会社帰りに寄ってみた。

パッと見、よくありがちな背油チャッチャ系の豚骨醤油ラーメンなんだけど、実はなかなか面白いラーメンだ。
豚骨系では珍しい、加水率が低めの縮れ麺と、濃厚な豚骨ながら醤油の風味が立ったスープが一番の特徴。
旭川ラーメンと東京豚骨醤油ラーメンのハイブリッドといった感じのこの組み合わせは、いままで有りそうで無かったかも。

満足度は高いんだけど、ベースのラーメンが800円と少々値段が高いのが玉に瑕。
写真の”醤油チャーシュー麺味玉のせ”で1180円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

大勝軒@保谷

200703211906000有名店かつ近所という条件が揃っていながら、今までずっと行ってなかった保谷の大勝軒へ遂に(なんとなく)行ってみた。
ここは、その名前の通りラーメン通には有名な大勝軒系列のお店である。
(といっても、最近閉店した東池袋系の大勝軒ではなくて永福町系の大勝軒)
当たり前のことだけど、永福町系というだけあって本店の味に近い。

表面に油の膜が張っていてアツアツの煮干出汁スープと、普通のラーメン屋の2倍以上はあるんじゃないかと思われる強烈な麺の量はまさに本店ゆずり。(ってか、むしろ多い!?)

ただ、本店と比べるとちょっと味は落ちるかなぁ・・。
スープはいい線いってるんだけど、時折煮干の生臭さが顔を出すような。
一番気になったのは麺で、個人的には茹で過ぎで柔らかいと感じた。
麺の量が多いだけに後半ツライ。

・・とちょっと辛口なことを書いたけど、あの永福町の味を近所で食えるのは貴重。
値段も本店のに比べるとずっと良心的だし。
胃が永福町になった日にはまた行こう。

永福町系大勝軒って魚介方面に尖った味だから、ダメな人はとことんダメ・・って感じだけど、個人的には、たまに食べたくなる味だ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

神座@歌舞伎町

P1000002_4神座@歌舞伎町
おいしいラーメン 700円

ここも新宿にあるラーメン屋さんの中でも気になっていた一店。
というのも、食べたことのある何人かに感想を聞いてみると「不思議な味」という答えと同時に「美味しい」という感想が返ってくるからである。
ラーメン好きとしてはこれは食べなければ!ということで行ってきました。

”不思議な味”という事前情報が刷り込まれていたので、最初の一口目のスープを用心深く啜ってみると、いい意味で予想が外れた。

これは美味しい・・。
甘いスープと聞いていたので奇をてらった味なのかと思いきや、野菜の旨みがしみた洋風チックな美味しいスープ。
確かに珍しいタイプのラーメンだけど、こういう方向性で珍しいラーメンなのか!
でも・・なんというか凄く懐かしい味で、そんなに不思議な味とは感じなかった。

個人的には分かりやすい方法で味を表現をすると、ちょっと上等な中華料理屋さんの五目中華そばのとろみをなくして、五目を白菜と豚肉だけの二目にしたって感じだ。
そう書くとあまり旨そうじゃなさげだけど、白菜のシャキシャキ感、豚バラの煮込み具合、ツルツルとした中細麺、そしてこの独特のスープ、それらが見事にマッチングした”おいしいラーメン”。

おそらくどれも高価な素材を使っている訳ではなさそうだけど、組み合わせと調理の良さでこの味がでているんだろうなぁと。個人的にはそれほど違和感無く食べられたラーメンだけど、いわゆる普通のラーメンを求めてこのラーメンを食べてしまうと「あれれ」って感じるかも?

三回食べるとハマるという、ここ神座のラーメン。
一回目にしてちょっとハマったかも。
リピートします。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年11月27日 (月)

もちもちの木@新宿

P1000001_5もちもちの木@新宿

中華そば+味玉 850円
(店内が暗いから真っ黒になってしまった・・)

前から気になってたのに、なかなか行かなかった”もちもちの木”というにラーメン屋さんに行ってきた。

魚介の風味がかなり前面に来ているパンチの効いた魚介系ラーメン。
スープの表面には油が張っていて、スープがびっくりするくらい熱い。
ゆっくり食ったけど、舌やけどした。

この感覚は・・永福町の大勝軒とそっくりだ。味も中細の麺も大勝軒に似ている。
・・似ているけど、大勝軒よりも動物系のダシが強いかな。
それにガツンと来る魚介の味の由来がここは魚粉。
この魚粉を使ったラーメンって魚介系の風味が強調される反面、味が単調になるんだよなぁ。
魚粉の味が強すぎて、ほかの味がかき消されるというか・・。

なかなか美味しいけど、もうちょっとスープ本来の味を楽しみたかったかな。
つけ麺もあるようなので、今度はコッチ食べてみよう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)